エスアールエンジニアリング株式会社ロゴ

ユーザーログイン

沿革

1968年~1986年

この時代には、オーバーロードプロテクタバルブ、ハイクランプシステム、ハイロックシステムの
開発により、プレス機械、射出成型機など製造現場の段取り時間の短縮、省力化、安全性向上に
貢献してきました。

1968年 3月 エスアール研究所として、空圧、油圧、電気、メカニカル制御等を手がける。
1972年 10月 エスアールエンジニアリング株式会社を資本金300万円にて設立。
神戸市灘区に本社、東京都に営業所を開設。
1975年 10月 升光常雄が社長に就任。
1977年 1月 圧縮空気を駆動源に油圧を発生させるSRポンプ開発。
プレス機械用としてV型オーバーロードプロテクタバルブ(過負荷防止安全弁)開発。
8月 建設機械用プレッシャーコントロールバルブ及びブースタ装置開発。
9月 資本金600万円に増資。
1978年 6月 プレス機械用として金型を締め付けるハイクランプシステム、ハイクランプに油圧を供給するハイロックシステム開発。
SR空圧駆動油圧ポンプのシリーズ化完了、量産開始。
1879年 8月 ジェットコースター用油圧式乗客拘束装置開発。
9月 資本金1200万円に増資。
1980年 1月 プレス機械用デュアルタイプ大口径電磁弁開発。
6月 T溝挿入式ダイリフタ及び射出成形機用ハイクランプ開発。
1981年 2月 資本金2400万円に増資。
1982年 6月 大・中型プレス用としてスイッチを押すだけで、金型までクランプが移動し締め付ける自走式クランプ、R型オーバーロードバルブ開発。
1983年 9月 資本金4800万円に増資。
1984年 8月 ピアシングシステム開発。
1986年 5月 神戸市西区の西神工業団地に本社・工場を移転、集約化し営業開始。

1987年~1999年

環境問題に対応するため、配管からの油もれによる製品や現場フロアーを汚さないエア式クランプ、
リフタを開発しました。
世界のお客様に信頼されるべく品質管理システムの国際規格ISO9001の認証を取得しました。

1987年 8月 M型自走式クランプ開発。
12月 射出成形機用WLクランプ開発。
1988年 6月

大型プレスの下型用RSY型自走式クランプ開発。

10月 クランプロッド90度回転引込式RPY型ノンタッチクランプ開発。
11月 水平折りたたみ式CBN型キャリアバー標準化。
1989年 10月 新型ハイロックユニット開発。
12月 ダイクッションピン均圧化シリンダ開発。
1990年 5月 加古川工業団地に、550ワーキングプラント(機械加工工場)建設、稼働開始。
10月 愛知県に営業所を開設。
11月 電動射出成形機用として圧縮空気を動力源としたニューマメカロッククランプ開発。
1991年 3月 FSM型自走式メカロッククランプ開発。
10月 CLM型自走式メカロッククランプ開発。
1993年 4月 ダイカストマシン用DLYクランプ、プレス機用金型自動交換装置開発。
1995年 2月 USZ型自走式クランプ、ESY型自走式クランプ開発。
1997年 4月 ISO9001品質システム認証取得。
6月 鍛造プレス機用U型クランプ開発。
8月 金型検知付機構付スイングクランプ、プレス機用カセット金型自動交換装置開発。
1998年 5月 閉塞鍛造機用油空圧システム開発。
10月 PBL型エア式ボールリフタ開発。
1999年 6月 生産効率化システム"Hi-Speed Maneger"開発。

2000年~

現在は、自動車、電機、弱電、住宅関連業界の生産ラインを中心に段取り時間の短縮、自動化安全性向上に
貢献しています。

2000年 2月 プレス用新型オーバロードバルブ、射出成形機用エア制御式ニューマクランプ開発。
7月 ダイクッションピン偏心荷重用均圧化シリンダ開発。
2001年 5月 CBC型キャリアバー再開発。
CB型ローラバー開発。
2002年 10月 USZ型自走式クランプのスピードアップ化。
2003年 3月 UAC型自走式オートカプラ開発
2004年 1月 UEC型自走式オートコネクター開発。
5月 高さ調整式LZ・SZクランプ開発。
6月 新型SRポンプ開発により、吐出量アップ及び低作動音化を実現。
7月 HU型ハイロックユニットの小型化。
2005年 1月 耐久性をアップしたダイクッションピン防塵型均圧シリンダ製品化。
7月 エア圧駆動水圧ポンプ及び水圧クランプシステム開発。
9月 ELM型自走式クランプ開発。
2006年 6月 HAC型オートカプラー開発。
2007年 10月 新型CBN型キャリアバー、新型EF型圧力スイッチ開発。
2008年 1月 大手自動車メーカー向けに電気とエアーの自動接続装置(PACシリーズ)開発。 
10月 LDC型ダイクッションシステム開発。
2009年 1月 EFU型閉塞鍛造ダイセット用油圧ユニット開発。
5月 ひょうご情報公園都市に三木工場(機械加工工場)移転、稼働開始。
東京営業所移転。
9月 神戸環境マネジメントシステム(KEMS)認証取得。
12月 橋本匡彦が社長に就任。
2010年 1月 射出成型機用MCM型マグネットクランプ開発。
4月 中国、上海に事務所(日本艾斯楽機械工程株式会社)開設。
2012年 4月 中国、上海合併会社(上海艾斯楽自動化技術有限公司)設立。